絵の具と道具を選ぶ5つのポイント

フェイスペイント・ボディペイント用絵の具と道具を選ぶ5つのポイント

ひと口にフェイス&ボディペインティング用の絵の具と言っても、様々な種類があり、初めての方はどのような絵の具を選べばよいのか迷ってしまうこともあると思います。
おさえるポイントごとにそれぞれの絵の具や道具の特性をご紹介しますので、絵の具や道具を選ぶ際の参考にしてください。

1性質:水性か油性か

フェイス&ボディペインティング用の絵の具の性質には、大きく分けて「油性」と「水性」の2種類があります。まずはそれぞれの長所と短所などを見てみましょう。

水性絵の具

水性は水に溶け、伸びが良いものが多いです。水で落とすことの出来る絵の具ですが、一度乾燥した後は、汗や水にぬれても簡単には落ちないタイプもあります。

肌への使い心地はさらっとしているのが特徴です。

デコカラー:リキッド(液状)水性絵の具で重ね描きしてみたところ

長 所

伸びが良く、扱いやすい。ペイント後に落とすのも簡単。

短 所

水や汗で落ちやすいものがある。

主な形状

リキッド(液状)タイプ、固形タイプ、スティックタイプ

油性絵の具

油性絵の具は水をはじきます。
ぺったりとした使い心地で、崩れにくいので激しい動きを伴う舞台などでよく使われます。

フェイス&ボディペインティング用油性絵の具

長 所

水や汗に強く、くずれにくい。使用の際には水が不要。

短 所

水性と比べて伸びが悪いので、広い面を塗る場合は沢山の絵の具が必要。ペイント後は石鹸やクレンジングクリームなどを使用しなければ落とせない。

主な形状

固形タイプ、スティックタイプ
※現在当ショップで取り扱っているのは水性絵の具のみとなります。

番外編:天然ゴム成分のもの

フェイスペイント用絵の具として売られているものの中には、天然ゴムラテックスを主成分としたものもあります。乾燥後に水を使わず剥がせるのが特徴です。

※天然ゴム製品の使用によるラテックスアレルギーについて各省庁より注意喚起がでていますので、ご注意ください。リンク:天然ゴム製品の使用によるラテックスアレルギーに対する注意喚起

ミラクルペイントのペイント例(剥がしているところ)

長 所

水を使わずに使用できる。乾燥後は剥がしてペイントを落とすことができる。

短 所

固まるのが早いため、筆やスポンジなど道具を使った細かい絵は描けない。専用の描画用スティックを利用したり、ステンシルを利用しなければ形のあるものは描けない。はがすときに産毛など体毛が引っ張られ、痛みを伴うことがある。体毛の上には使用できず、肌の敏感な方や子どもの使用には向いていない。
※当ショップでは取り扱っていません。

2形状:固形?液状?それとも…

フェイス&ボディペインティング用の絵の具は、それぞれの性質に合わせて色々な形状をしています。それぞれの使い方やその特徴から、目的にあった形状を選びましょう。

リキッド(液状)

水性絵の具のみ。チューブやボトルに入っていて、パレットなどに出して筆やチップなどで描きます。

広い面を塗る場合は水で薄めますが、通常は原液のまま描きます。
その為、スピーディに安定した色味で描き続けることが可能です。100名を超すような大規模イベントでは、一人当たりにかけるペイント時間のコントロールが重要になるので、リキッドタイプが採用されます。

混色もしやすく、オリジナルカラーを作り置きすることも可能です。
絵画用の絵の具と似ているので、初心者の方にも扱いやすい絵の具と言えます。ただし、蓋の閉め忘れには十分注意します。

白や黄色などの弱い色も濃く描くことができるので、アクセントとして固形絵の具と併用することもよくあります。

数分で乾き、乾いた後は触っても手や衣類につきません。

リキッド(液状)タイプのフェイス&ボディペインティング用絵の具

長 所

発色がよく、扱いやすい。混色もしやすく、独自のカラーを作り置きしておくことができる。固形絵の具よりは水に強い。ウェットティッシュなどで簡単に落とすことができる。

短 所

広い面へのペイントには向かない(肌がつっぱる)。また、乾いてしまうと水で戻せなくなるので、蓋の閉め忘れに注意。

おすすめのユーザー

初心者〜プロまで

リキッド絵の具の一覧へ

固形

水性絵の具と油性絵の具があり、プラスチック等の容器に入っています。

水性は使う時に水で少しずつ絵の具を溶かしながら使います。混色は可能ですが、大量に作り置きすることは出来ません。その為、混色せずともすぐに使えるようにプロ用のメーカーでは様々な色を揃えています。発色も伸びもよく、繊細な線やグラデーションを描くことが可能ですが、筆やスポンジを使って絵の具を具合よく溶かして使うため、扱いには慣れが必要です。

また、使う都度に水で絵の具を溶かす手順が入るので、短い時間で大量にペイントするのには不向きです。

水性の場合は乾燥後も肌によくなじみ、亀裂なども入りにくいのでフルフェイスペイントやボディアートにもよく使われます。

油性は水では溶かず、そのまま使うのが一般的です。

固形タイプのフェイス&ボディペインティング用絵の具

長 所

水性はよく伸び、繊細な描画ができる。肌の上でも混色でき、ぼかし・グラデーションが作りやすい。広い面も塗りやすい。主にプロユースで、非常に豊富な色が揃っている。油性は水に強い。

短 所

油性は水に強いが水性は水に弱い。どちらも摩擦に弱く、洋服や手につきやすい。水性は使う都度に水で溶くので、手間がかかり、慣れが必要。油性は落としにくい。

おすすめのユーザー

中級者〜プロまで

固形絵の具の一覧へ

マーカー・ペンシル

水性のマーカーのようなタイプのものからリキッドリップスティック、油性絵の具のクレヨンのようなものまで様々ですが、筆や水、パレットなどの道具が不要でそのまま描くことができます。細かい描画はできませんが、もっとも手軽にペインティングを楽しめるタイプと言えます。

発色が弱い(絵の具が固い)ものが中にはあり、そのような製品の場合は肌に強くこすらないと描けないため、肌の弱い方や子どもには不向きです。先端が肌への負担の少ないくて柔らかく、発色の良いものを選ぶようにしましょう。

水性のもの、油性のもの両方ともあります。

マーカー・ペンシルタイプのフェイス&ボディペインティング用絵の具

長 所

水・筆が不要で、扱いやすい。

短 所

一定の太さがあるので、細かい絵は描けない。広い面を塗るのにも向かない。

おすすめのユーザー

初心者

マーカー・ペンシルタイプ絵の具の一覧へ

3その他に必要な道具は?

フェイス&ボディペインティングをするのに、絵の具以外にも必要な道具があります。必須の道具やあると便利な道具と使い方を紹介します。

絵筆

フェイス&ボディペイント専用ブラシ

水彩用やアクリル用の絵筆が使えますが、肌に直接触れるのでなるべく毛先の柔らかいものを選びます。

フェイス&ボディペイント用の筆は一般的に毛先が柔らかく、かつ腰があるものが描きやすいです。イタチ毛の筆は特に柔らかく腰があるので、いろいろな線の表現ができます。また柄(持つ部分)が短くペインティングしやすいようになっています。

専用絵筆の一覧へ

スポンジ

フェイス&ボディペインティング用のスポンジ

顔全体へのフルフェイスペイントや、ボディペイントで体の広い範囲を塗る場合にはスポンジを利用します。

市販のスポンジでも代用は出来ますが、やや硬いので顔などは痛い場合があります。フェイス&ボディペイント用のスポンジは、適度な吸水性があり、柔らかめに出来ています。

また、スポンジの面に複数の色をつけてグラデーションを作ったり、ふんわりとボカすのにも使えます。

ステンシルを使う場合も、スポンジを使ってペイントします。通常のスポンジより、ステンシル専用のスティックタイプのスポンジブラシを使うとより綺麗にペイント出来ます。

スポンジ等の一覧へ

パレット・筆立て

筆立て・紙パレット

絵の具を混色したり、グラデーションを作ったりするのに使います。
絵の具用パレットでもいいですし、水性絵の具なら食器(ガラス・陶器)でも代用できます。
紙パレットがあれば使い捨てできるので更に便利です。

また、意外と大事なのが筆を運ぶケースと筆立てです。筆は穂先が曲がったまま乾燥してしまうと描きづらくなるので保管にも注意が必要です。筆立てがあると、筆を選びやすくなりスピーディなペインティングに大きく役立ちます。

フェイス&ボディペインティング用品の一覧へ

4差がつく!仕上げ用品

ペインティングの仕上げにジェルやパウダーのラメをつけると、ぐっと引き立ちます。

ラメジェル

ラメジェル

ジェルの中にラメが混ぜてあります。出来上がったペイントの上に、綿棒などで強くこすらないように塗ります。

リキッド(液状)タイプの絵の具との相性がとてもよく、絵の具の乾燥後のつっぱりを和らげてくれます。

また、ピンポイントでラメを付けることができます。

ラメパウダー

ラメパウダー

ペインティングの上にラメパウダーを直接ふきかけます。ペイントしたら直ぐに使うか、乾いたペイントの上にジェルを塗ったり、霧吹きで水を軽く吹き付けた後に使うと、しっかりとラメがのります。


広い範囲にラメをつけるのに便利ですが、逆に範囲を特定しにくいのでジェルと併用するとより使い易くなります。

ラメ・グリッターの一覧へ

5お助けグッズを活用

初めてのペインティング・絵が苦手・とにかく素早くペインティングするなど、状況に合わせてお助けグッズを活用すると、ぐっとペインティングが楽になります。

スタンプ

とかげのスタンプで押したところと利用したスタンプを含めた写真

一から絵を描く自信がない時や、素早くたくさんの人にペイントをしなければいけない時などにスタンプは大いに役立ちます。

スタンプに絵の具を筆やスポンジで塗り、肌にそっと押し当てます。
アウトラインだけのスタンプは、押した後に筆で中の色を塗ります。

色を変えることで、同じデザインでも違った雰囲気を楽しむことができます。

スタンプの一覧へ

ステンシル

ステンシルで描いたハートと利用したステンシル

スタンプと同様に正確に形をとる時やスピーディにペイントしなければいけない時にステンシルはとても役立ちます。

基本的にスポンジで軽くたたくようにして塗ります。スタンプよりも綺麗に色を塗ることができ、またグラデーションなども手軽に楽しめます。

専用のスティックスポンジを使うと、くっきりと綺麗に色を付けることができます。

ステンシルの一覧へ

オールインワンセット

ハッピー*フェイスペイントキット

絵の具選び、道具選びに困った時の強い味方なのが、必要な道具が一通り揃ったオールインワンのセット。絵の具5色・絵筆4本・チップ4本・ラメジェルにホログラム・ステンシル5種が持ち運び便利な蓋つきのプラスチック容器に収まっています。

このキットだけで、最大で70名にワンポイントのフェイスペインティングが可能です。

ハッピー*フェイスペイントキットへ

まとめ

フェイス&ボディペインティングを楽しむ為の絵の具・道具を選ぶ時のポイントを大きく5つに分けてご紹介しましたが、いかがでしたか?

当ショップでは、初心者用からプロユースまで、幅広いフェイス&ボディペインティング用品を取り扱っています。また、どれも日本フェイスペイント協会が様々な活動を通して得た経験から「使いやすい!」と実感し自信をもってお勧めできる商品です。

安心・安全だけではない、その先の使い易さや仕上がりの美しさも供えた絵の具・道具で是非ペインティングを楽しんでください!

『フェイスペイント・ボディペイント絵の具の比較』では、それぞれの絵の具を使って実際に描き比べてみました。比較画像付きでわかりやすくなっていますので、ぜひこちらもご覧ください。

フェイスペイント・ボディペイント用絵の具の比較

ショッピングガイド

配送・日数・送料について

引渡し時期

ご注文を頂いた日から1営業日以内に配送業者へ引き渡します。

お届け場所により、1日(発送した翌日配達)、もしくは、2日(発送した翌々日配達)かかります。

ヤマト運輸の「料金・お届け予定日検索」にて、発地郵便番号2240025・着地の郵便番号、日付(発送日、もしくはお届け日)をご入力のうえ、ご確認ください。

例)4月1日に注文した場合
|輅犬了間帯によって4月1日または2日に配送業者へ引渡し。
∈巴擦4月2日にお届け、注文時間や着地によって3日以降にお届け。
 
ヤマト運輸
ヤマト運輸によるお届けです。送料(税込)は下記をご参照ください。
南東北・関東・信越・北陸・中部 ¥850
北東北・関西・中国 ¥950
四国 ¥1000
北海道・九州 ¥1050
沖縄 ¥1200

◎ご購入金額が10,000円(税込11,000円)以上の場合、全国どこでも送料無料です◎
ヤマト運輸【ネコポス】
ネコポス送料 全国一律600円

※ネコポスは一部対象商品のみでご利用が可能となります。
商品説明文に【ネコポス可】と記載のある商品がネコポス便対応商品です。
  • 「ネコポス」とは、小さなお荷物を宅配便同様のお届け日数でポストにお届けするヤマト運輸のサービスの名称です。
  • 荷物の外装に記載された住所の荷物受け・新聞受け・郵便受け・メール室等に投函・配達するサービスです。 ※一部地域を除く ※日時指定には対応しておりません。
  • 到着の目安がわかる貨物追跡システムもご利用いただけます。またご利用の際はを必ず以下の【ネコポス便注意事項】をご確認ください。

  • ネコポス便注意事項

    • 配達日時および曜日の指定はできません。
    • 配達が遅延した場合の補償はございません。
    • ポストに入らない場合は持ち戻りをいたします。
    • 受領の確認をご希望される方は宅配便をご利用ください。
    • 郵便私書箱宛てはお預かりできません。
    • 代金引換によるお支払いができません。
    • 配送中に起こる紛失・破損等の事故に関して、引受限度額は3,000円となります。
    • 商品の未着・破損があった場合、原則として、当店では返品(返金)・交換・弁償等のサポートができません。
    • 直接ポストへ投函されますので、手渡しや不在票の投函はできません。ポストに投函後の紛失に関しましても、当店ではサポートできません。
    • 当店では、ネコポスご利用の際の配送事故に関してのお問い合わせ・苦情等はお受けできません。あらかじめご了承ください。

返品について

不良品

輸送中の破損については配送業者へ直接ご連絡いただき、商品をお渡しください。

輸送中の破損以外につきましては商品お届け日から7日以内にメールまたは公式LINEよりご連絡ください。不良商品をご返送いただき弊社より代替品を配送させていただきます。

返品は承っておりませんのでご了承ください。また、代金を支払ったのに注文した商品が届かない、入っていなかった場合も同様です。

返品期限
商品お届け日から7日以内
返品送料

お客様のご都合による返品・交換(未開封・未使用の物に限る)は、お客様負担(送料+代金返金の実費+手数料500円など)とさせていただきます。

また、代金引換をご利用で、商品の受け渡しの際に、お客様の都合による受け取り拒否をされた場合、その際に発生した往復の送料、事務手数料1500円、などをご請求させていただきますのでご注意ください。

※ご同意いただけない場合には、当会委託会社から請求させていただく場合がございます。

代金引換(代引き) のキャンセル

代金引換をご利用で、商品の受け渡しの際にお客様の都合による受け取り拒否をされた場合、その際に発生した往復の送料、事務手数料1500円、などをご請求させていただきますのでご注意ください。

※ご同意いただけない場合には、当会委託会社から請求させていただく場合がございます。

商品発送前のキャンセル

クレジットカード決済済みのキャンセルについては、事務手数料500円+実費がかかりますので予めご了承ください。

商品の交換について

商品到着後のお客様のご都合による商品交換の場合、送料+梱包及び事務手数料500円等をご負担いただきます。

交換する商品の価格が購入済み商品の価格を下回る場合、差額の返金はいたしません。

交換する商品の価格が購入済み商品の価格を上回る場合、差額のお支払い確認後の発送となります。

お支払いについて

クレジット決済(PayPal)
PayPal(ペイパル)によるクレジットカード決済をご利用いただけます。

※JFAクラブメンバー割引(10%Off)を適用する場合は、必ず『クーポンコード』をクーポンコード入力欄ご記入ください。クーポンコード記入がない場合は、割引が適用されませんのでご注意ください。

※JFAクラブメンバープロフェッショナル割引(20%Off)を希望する商品が含まれる場合は、クレジット決済ができません。代引きをご利用ください。

※JFAクラブメンバークーポンの詳しい使い方と注意事項については、クーポンご利用手順とご注意をご一読ください。

※決済画面は最後の「注文する」を押した後、出てきます。 そこでクレジット情報などの入力をしていただき、「支払い」を押して決済が完了します。 必ず最後までご確認の上決済手続きを完了していただきますようお願いいたします。

PayPal(ペイパル)とは

クレジットカード、デビットカードを登録するか、銀行の口座振替設定を行うだけで、IDとパスワードのみでの取引が可能に。お支払い情報をお店側に伝えることなく安全にご利用いただけます。

PayPal(ペイパル)の使い方・お支払い方法について詳しくは下記よりご確認ください。
ペイパルの使い方を見る

代金引換
入金確認の必要がございませんので、最も早く発送することができます。お急ぎの場合はこちらをお選びください。

※JFAクラブメンバープロフェッショナルの方で、プロメンバー割引(20%Off)を希望する商品が含まれる場合は、必ずこちらの「代金引換」をお選びください。
(JFAクラブメンバークーポンの詳しい使い方と注意事項については、クーポンご利用手順とご注意をご一読ください。)

代金引換は10万円未満まで、それ以上の方はお問い合わせください。

ヤマト運輸による通常の宅急便(手渡し)でのお届けと同時に代金(送料、手数料込み)のお支払をしていただきます。

代金引換手数料

お買い物金額1万円未満:330円(税込)
お買い物金額1万円以上〜3万円未満:440円(税込)
お買い物金額3万円以上〜10万円未満:660円(税込